読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛をこめて

kawaiiは正義。

2015

ふと気づけば2015年があと半月も残ってない。あんなに楽しみにしていた2015年がもう終わってしまう。

2014年の終わりからV6が20周年に向けて少しずつ少しずつ動き出していて、絶対絶対 素敵な1年になるって確信してたの。

その確信通りめちゃくちゃ楽しかった。めちゃくちゃ幸せだった。


2014年12月に紅白歌合戦に初めてV6が出場して、3月にツアー決定のお知らせメールが届いて、4月に24時間テレビのメインパーソナリティーを務めることが発表されて、5月にシングル「Timeless」が発売されて、7月にVS嵐にV6全員で出演して、ベストアルバム「SUPER very best」が発売されて、8月に24時間テレビがあって、ツアーが始まって、11月にデビュー20周年記念日を迎えて、学校へ行こう!が復活して、12月にクリスマスのラジオ ミュージックソンのメインパーソナリティーが決まって、井ノ原さんが紅白歌合戦の司会に決まってV6の出場も決まって。

個人のお仕事とか歌番組だったりとか他にももっともっと沢山あった。こんなに幸せでいいの?って不安になるくらい幸せだった。

初めてのコンサートはスタンド席だったけど、会場の隅から隅まで全員を楽しませようとしてくれる6人だからとにかく楽しかった。かっこよくて可愛くて面白くて優しくてあったかくて大きなコンサートだった。
ツアー最終日は参加できなかったけど、沢山の人にお祝いしてもらってV6が嬉しそうだったって、そのことだけで幸せになれた。そしてリボンシャワーでほんの少しでも参加できた感じがしてスタッフさんの心遣いにもあったかくなった。


V6のことを好きになってよかった!って何度も思わせてもらった。
これ以上好きになれるかな?って思うくらい好きなのに、さらに好きが積もっていって。

思い出すと涙が出てくるくらい楽しい1年だった。

V6以外でも、2年ぶりのNEWSコンだったり、初めてのHey!Say!JUMPコンだったり、初めてのWaTライブだったり。

NEWSはシゲ担を自覚してから初めてだったからシゲアキ先生だけを見てようと思ってたのに、他の3人もめっちゃくちゃ可愛くてかっこよくて愛おしかったから結局シゲ以外も見ちゃったよね。でも4人が固まって移動したり固まってパフォーマンスすることが多くて4人での印象が強く残ってる。NEWSのことが大好きなNEWSの4人と、NEWSのことが大好きなNEWSファンの皆さんの大きくて重たい愛(褒めてる)を感じて照れてしまうくらい素敵なコンサートでした!

それから表現者としてのNEWSに惚れた1年でもあった。Whiteコンの演出は細部までこだわりが見えて今まで参加したコンサートの中で最も好きなコンサートの1つになった。それからシゲアキ先生の活躍が本当に眩しくて、次々と進化していく姿がかっこよかった!まずはピンクとグレー、そして傘を持たない蟻たちは。楽しみで楽しみでたまりません!


Hey!Say!JUMPでは髙木雄也くんに恋をした。理由はわからないけどどうしても惹かれてしまって、気づくと目が追ってしまっていた。
9人が国民的スターへと駆け上がっていく中で今後「2015年がターニングポイントだった」ときっと言われるであろう今年のパフォーマンスをアリーナ通路側最前という席で見ることができて本当に幸せだと思う。
これから先の未来がキラキラして見えて、ワクワクしたコンサートでした。年末のカウコンも楽しみでたまりません!


そしてWaTの10周年ライブ。WaTを好きになって10年、一度も会いに行ったことがなくて、何も考えずに勢いでチケットと夜行バスの予約をとった。初めて見る2人は10年前に恋した2人よりも大人になってて、でも私が好きな2人そのままで、あったかくて大好きすぎてたまらなかった。
解散の発表にはもちろん馬鹿みたいに泣いたし寂しくて悲しかったけど、2人が言った『前向きです。』『絶対に幸せにします。』って言葉があるからもう泣かない。まだ思い出すと泣きたくなるけど泣かない。小池徹平ウエンツ瑛士の未来が楽しみだし、これからも大好きだから。会いに行けてよかった。


なんだか思い出してみたら、楽しくても嬉しくても悲しくても寂しくても幸せでも、ずーっと泣いてた気がする。でもあったかい涙もさみしい涙も全部大切な経験だし思い出だし愛おしい。
こう思えることがちょっとかなり嬉しいしそんな今が結構好きかも。

大好きだから幸せだったし、
大好きだから悲しかった。

大好きって気持ちからたくさんの気持ちが生まれることを知れた1年。そして何かを好きになるって素敵なことだなと思えた1年でした。

これからも好きが増えていく人生を歩んでいけたらいいです。

2015年ありがとう。あと少しよろしくね。

そして、2016年、待っててね?必ず2015年よりもっといい1年にしてみせるから。